産学官交流・国際連携

YRPでは情報通信技術分野における一層の産学官交流・国際連携を推進するため、各種のイベント、シンポジウム、ワークショップを開催しているほか、様々な海外連携プラットフォームを構築しています。

国際シンポジウム、2国間ワークショップ、セミナー等

無線パーソナルマルチメディア通信国際シンポジウム(WPMC)

「YRPの国際連携策の一環として国際的な視野に立った研究集会を発足させたい」との考えから、YRPの誕生とともに生まれた国際研究集会です。YRPの産学官連携・国際交流の要として、毎年世界各地で開催され、数百人の研究者が集まります。

WPMC 開催地一覧

1998年 横須賀 (日本)
1999年 アムステルダム (オランダ)
2000年 バンコク (タイ)
2001年 オールボー (デンマーク)
2002年 ホノルル (アメリカ)
2003年 横須賀(日本)
2004年 アバノテルメ (イタリア)
2005年 オールボー(デンマーク)
2006年 サンディエゴ(アメリカ)
2007年 ジャイプール(インド)
2008年 ラップランド (フィンランド)
2009年 仙台(日本)

*WPMC: International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications
日・中次世代移動通信技術・応用ワークショップ

中国未来移動通信論壇(FuTURE FORUM)、日・中ICT技術フォーラム、YRP研究開発推進協会の共催、一般社団法人電子情報通信学会無線通信システム研究会等の協力により、2006年から毎年開催しているワークショップです。研究開発関連の発表、意見交換等を通じ両国間の産学官のネットワーク形成を図っています。

 2019年度日・中次世代移動通信技術及び応用ワークショップの様子

 ※2020年度のワークショップ(開催予定地:日本・奈良)は中止となりました。

技術講演会、ビジネスマッチングイベント、セミナー等

著名研究者の来日の機会に技術講演会を、また、海外からの企業訪問団の来日の際に、ビジネスマッチング・イベント、セミナー等を企画し、企業・研究者の情報収集や交流の場としています。

中国との連携プラットフォームの構築

中国との連携強化・相互理解推進のための様々な連携プラットフォームを構築しています。

● 日・中ICT技術フォーラム

アジア太平洋電気通信共同体(APT)への加盟と協力事業の実施

YRPは、2000年1月に、アジア太平洋電気通信共同体(APT: Asia Pacific Telecommunity)に、賛助会員として加盟しました。

APTはアジア・太平洋地域の電気通信の開発促進および地域電気通信網の整備・拡充を目的として 1979 年に設立された国際機関です。YRPはAPTの委託を受け、2000年度以降毎年、同加盟国の通信事業主管庁等からの研修生を対象とした研修事業を実施しています。

 2018年度APT研修(2019年3月6日~13日)の様子

 ※2019年度APT研修(2020年3月開催予定)は中止となりました。