WSN協議会  YRP  お問い合わせ  English  

設 立 目 的

1. 目的

YRPの研究成果であるワイヤレススマートユーティリティネットワーク(WSN)技術及びその実用のための関連技術について、普及・利用及びその技術を活用した事業開発を促進することでICT産業の強化と国際的な研究開発連携、ソーシャルICTの推進に貢献することを目的とする。

2. 活動

  1. 本協議会は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と連携し、その協力を得て、WSN技術とセンサーネットワーク技術、ビッグデータ利活用技術などの利用及び事業化の課題解決のための検討、国際的な展開のための戦略検討、YRPにおける事業の拠点化の検討を行い、それに基づく事業展開の支援活動を行う。
  2. 上記活動において、会員企業の事業展開の支援についてWSN技術に精通する会員企業の協力を得て、サポート機能の整備を図る。
  3. 活動に当たっては、NICTが整備したワイヤレスユーティリティネットワーク施設の活用を図る。

3. 設立日

2014年5月9日

活 動 概 要

1. ワイヤレスセンサーネットワークの利活用促進活動を推進します。

  1. IoTシステムのセンサーネットワークに不可欠なワイヤレス方式の中でNICTが開発した国際標準Wi-SUNの利活用推進を行います。
  2. 最近、話題のLPWA方式との比較をもとにユーザー視点でわかりやすく分析します。

2. ワイヤレスセンサーネットワークの相互接続環境を推進します。

  1. マルチベンダーで相互接続による水平分業が可能なエコシステムを構築します。
  2. そのために必要な国内外で推進されているIoTシステムに関する各団体と連携しながらワイヤレスセンサーネットワークの軸足でエコシステムを構築します。
  3. 相互接続のためのI/F連携、認証制度を構築します。

3. IoT人材育成、IoT教材のガイドラインを構築します。

IoTシステム、Wi-SUNを始めとするワイヤレスセンサーネットワークに関するグローバルレベルで必要な人材育成を推進するための活動を推進します。

4. セミナー、イベント活動により広く広報活動を展開します。

グローバルレベルで各関係団体と連携しながら各種セミナー、イベント活動をによりIoTシステムにおけるワイヤレスセンサーネットワーク普及活動を推進します。