第10回 ワイヤレステクノロジーセッション

つながるクルマ「コネクテッド・カー」の展望

事前受付は終了いたしました。多数お申し込みいただきありがとうございました。

自動運転の実現化に向けて研究が進められている、
自動車そのものが端末となり、IoTによってさまざまなものと繋がる
「コネクテッド・カー」の最新動向をご紹介します。

主  催: YRP研究開発推進協会
後  援: 横須賀市  ㈱横須賀テレコムリサーチパーク
開催日時: 平成29年9月27日(水) 14:00 ~16:10
開催場所: YRPセンター1番館「YRPホール」
      神奈川県横須賀市光の丘3-4
     (アクセス)http://www.yrp.co.jp/facilities/access.html
参加費: 無料(満席になり次第、事前受付を締め切ります)

※ ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください。
※ 当日は自由席となります。受付は 13:20 頃より開始します。
※ 無料のセッションのため、講演内容についての資料の配布は行っておりません。
  あらかじめご了承ください。

プログラム

14:00 ~ 14 : 05
開 会
14:05 ~ 15 : 00
photo-kudo

コネクテッドカーサービス実現に向けた取り組み

株式会社NTTドコモ
5G推進室 主任研究員
工藤 理一 氏

《講演内容》
車両とあらゆるものを接続する通信(V2X:vehicle to everything)を用いたコネクテッドカーサービスの検討が進んでいる。2017年3月には、3GPP Rel.14においてLTE V2Xのコア技術が仕様化を完了し、IEEE802.11pベースの通信も含め、無線通信技術利用の議論が本格化している。本講演では、セルラー通信技術を用いたセルラーV2Xに注目し、概説すると共に、コネクテッドカーサービス実現に向けた状況を概説する。

15:00 ~ 15:15
ご案内&休憩
15 :15 ~ 16:10
photo-suganuma

Connected Carの最新動向とITSから視た将来展望

トヨタ自動車株式会社
ITS企画部 渉外2グループ長
菅沼 英明 氏

《講演内容》
昨今、Connected Carや自動運転というキーワードを頻繁に耳にするようになった。 本プレゼンでは特にConnectedに着目し、より安全・安心なモビリティ社会の実現や、より利便性の高い移動を支えるサービス、さらには自動運転への応用もふまえた将来展望について紹介する。


【お問い合わせ先】
YRP研究開発推進協会 
e-mail: wtsession*yrp.co.jp(*は@に置き換えてください)
電話:  046(847)5018