ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018
開催報告

2018年5月23日(水)~25日(金)の3日間、YRP研究開発推進協会は、国立研究開発法人情報通信研究機構、
YRPアカデミア交流ネットワークの共催により、東京ビッグサイトにおいて、
ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018(WTP2018)を開催致しました。

今回のWTP2018はメインテーマを「5G×IoT~その先の未来へ~」とし、5G、Beyond 5G、 IoT(Internet of Things)、測位技術、位置情報サービス、工場向け無線技術・システム、 ITS(高度道路交通システム)、ミリ波・テラヘルツ波技術、極限環境 (海中・生体内外) ワイヤレス通信、ロボット・ドローン通信技術の企画テーマに沿ったパビリオンやコーナーを特設するとともに、有料・無料の関連セミナーを実施しました。

会期中はまずまずの天候に恵まれ、同時開催された「ワイヤレスジャパン2018」「運輸・交通システムEXPO2018」「IDE TOKYO-ドローンソリューション&技術展-2018」と合わせ、昨年度を約4,000名近く
上回る54,000名超の方々にご来場頂きました。 ご出展・ご講演のご協力を賜りました関係者の皆様および、
会場に足をお運び頂きました皆様に心より御礼申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018 公式WEB

日付と天気 来場者数 (昨年数)
5月23日(水) 曇りのち雨 16,677名 (16,260名)
5月24日(木) 晴れ 17,454名 (15,528名)
5月25日(金) 晴れ 20,292名 (18,786名)
3日間合計 54,423名 (50,574名)

開会式

開会式には、坂井学総務副大臣と、上地克明横須賀市長をご来賓としてお迎えし、ご挨拶を頂きました。

テープカットの様子

坂井 学 総務副大臣(中央右)
上地克明 横須賀市副市長(中央左)

WTP実行委員会特別顧問/YRP研究開発推進協会 名誉会長 羽鳥 光俊
YRP研究開発推進協会 会長/WTP実行委員長 甕 昭男

国立研究開発法人情報通信研究機構 理事  門脇 直人
YRPアカデミア交流ネットワーク 運営委員長 服部 武

出展・企画展示

今年度のWTP2018には昨年度とほぼ同規模の115社・機関にご出展頂きました。

各テーマに沿い、「5G Tokyo Bay Summit® 2018」「ロケーションサービス~IoTに必要な位置情報、
衛星測位、屋内測位~」「Flexible Factory Project ~ワイヤレスで変える製造現場~」「ITS(高度道路交通システム)」の各パビリオン及び「ICT・IoTで地域活性化」のコーナーが設けられ、更に、
「『電波資源拡大のための研究開発』第11回成果発表会」の成果展示も行われました。

各種有料・無料セミナー

3日間を通じて122件のセミナーやセッションが開催され、企画展示と連動した内容をはじめ、
様々なテーマの下で講演などが行われました。 また今回は、同時開催展である「ワイヤレスジャパン2018」との共同企画により、『5G、IoT、AIで拓くFUTURE SOCIETY』と題した基調講演・スペシャルセッションを
会期中3日間実施し、好評を博しました。

国際化に向けた取り組み

WTPでは、今年も、世界の最新技術や市場ニーズ、トレンド等を日本企業に紹介し、グローバルな研究開発と新たなビジネス展開をサポートすることを目的とした国際化に向けた取り組みを行い、この一環として海外機関によるセミナーを実施したほか、海外からの来場者を対象とした英語による見学ツアーを実施しました。

YRPブースでのご紹介内容

YRPブースでは、YRPについてのご紹介のほか、YRP研究開発推進協会が事務局となっているブロードバンド
ワイヤレスフォーラムやワイヤレススマートユーティリティネットワーク(WSN)利用促進協議会の活動と、WSN協議会が取り組む、横須賀市におけるハイブリッドLPWAテストベッドについてのご紹介や、
横須賀市の企業誘致に向けた取り組みを、プレゼンテーションを交え、ご紹介しました。

アカデミア・プログラム

大学研究室の研究成果発表の場として、会期中3日間にわたりアカデミアポスターセッションが行われました。また、会期1日目には、お二人の大学教授によるアカデミア招待講演が行われました。更に、会期1日目と2日目には電子情報通信学会 高信頼制御通信(RCC)研究会/ヘルスケア・医療情報通信技術(MICT)研究専門委員会による合同技術展示、会期3日目にはスマート無線研究会(SR研)による、技術展示並びに技術展示関連講演が行われました。

歴史展示コーナー

今年度は携帯電話誕生40年目に当たる節目の年となり、また、第5世代の実現が2年後の2020年に迫っていることから、「携帯電話誕生から40年のあゆみ~そして5G」をテーマとして、YRPセンター1番館の「YRP無線歴史展示室」の所蔵品の他、携帯電話の歴史を彩る懐かしい機種が多数展示されました。
またセミナーでは、携帯電話の開発当時の秘話などが紹介されました。